米AMR操縦士の労使交渉、2週間再開されない公算-隔たり大きい

米アメリカン航空がパイロット 労働組合との間で行っている契約交渉は、今後2週間程度は再開さ れない可能性があると、同労組の広報担当者が明らかにした。報酬 やその他の面で依然として双方の「隔たりが極めて大きい」として いる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。