TOPIXがプラス転換、商品市況高受け鉱業など資源関連高い

午前の取引終盤に、TOPIXはプ ラス圏に転じた。米中部とカナダからの原油輸送が円滑になるとの見方 を背景に、きのうのニューヨーク原油先物12月限が終値で5月31日以来 の高値となったことが好感され、鉱業や商社といった資源関連株の一部 が高い。東証1部33業種では、精密機器や非鉄金属、海運、ガラス・土 石製品なども上昇。精密では、株式上場の維持観測が続くほか、新たに 有利子負債圧縮の方針を伝える一部報道などもあり、オリンパスが連日 の急騰となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE