オリンパス株が乱高下の末に、小幅高で終了-投機的な取引を経て

オリンパス株価が乱高下の末に、 小幅高で終了した。上場維持の観測を背景に週明けから3日連続でスト ップ高(値幅制限いっぱいの 上昇)となった流れを引き継ぎ、前日比 19%高まで買われる局面もあったが、個人投資家やヘッジファンドな どが投機的な売買を展開したとの指摘が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。