ユーロ売り一服、ECBの欧州債購入を警戒-ドル・円は77円付近

東京外国為替市場では、ユーロ売 りが一服し、午後の取引でドルと円に対して反発。欧州で長期化して いる債務問題の影響が域外に伝播する可能性が懸念される中、欧州中 央銀行(ECB)が域内の国債を買い支えするとの警戒感から、終盤 にかけて値を戻す展開となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。