10月の英消費者信頼感指数、統計開始以来の最低-ネーションワイド

英国の10月の消費者信頼感指 数は、欧州債務危機と雇用見通しが悪化したことを背景に、統計開始 以来の最低を記録した。英住宅金融会社ネーションワイド・ビルディ ング・ソサエティーが17日発表した。

ネーションワイドが電子メールで配布した資料によると、10月 の消費者信頼感指数は前月比9ポイント低下の36と、2004年5月 の統計開始以来、最低となった。景気見通しを示す期待指数は14ポ イント低下の48と、こちらも過去最低に落ち込んだ。

ネーションワイドのチーフエコノミスト、ロバート・ガードナー 氏は発表資料で、「経済に関する悪いニュースが相次いでいることや ユーロ危機をめぐる不透明感が、消費者信頼感に大きな打撃を与えて いる」と指摘した。

景気の現状に対する見方を示す現況指数は3ポイント低下の18。 消費意欲を示す指数も2ポイント低下の75となった。

-- Editors: Fergal O’Brien, Eddie Buckle

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 or Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: Jennifer Ryan in London at +44-20-7073-3492 or jryan13@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Craig Stirling at +44-20-7673-2841 or cstirling1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE