債券先物反落、1年ぶり高値の反動や株価反発で-午後に売り優勢

債券市場では先物相場が反落。欧 州債務問題をめぐる懸念を背景に株安・債券高となった米国市場の流 れを引き継いで買いが先行し、先物は朝方に1年ぶり高値圏まで達し た。しかし、午後に入ると国内株価が上昇転換したことや高値警戒感 から売りが優勢になって下げに転じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。