ブラジル株:ボベスパ指数は1週間ぶり高値-原油高や利下げ観測で

16日のブラジル株式相場は上昇。 指標のボベスパ指数は1週間ぶりの高値を付けた。原油先物が急伸し、 1バレル=100ドルを突破したことや、利下げ観測の強まりが支援材 料となった。

石油会社のOGXペトロリオ・エ・ガス・パルチシパソンエスは

1.5%、ブラジル石油公社(ペトロブラス)は0.9%それぞれ上昇し、 ボベスパ指数の上げをけん引。牛肉生産で世界最大手のJBSは

6.5%高と、5月以来の高値を付けた。債務削減のため米国資産を売却 する可能性を示したことが手掛かり。ただ、住宅建設会社ガフィーザ が8.5%下落したことが指数の上値を抑えた。同社の7-9月(第3 四半期)決算は前年同期比で60%減益だった。

ボベスパ指数は前営業日比0.5%高の58559.99と、8日以来の高 値で終了。指数構成銘柄のうち上昇が43銘柄、下落は24銘柄。通貨 レアルは0.2%安の1ドル=1.7701レアル。

インベストポルト(サンパウロ)で約1億6000万レアル(約70 億円)相当の運用に携わるミレラ・ラパポルト氏は「原油相場の上昇 が市場を動かしている」と指摘。「当社はブラジル株が割安だとみてい る。政策金利は低下している。ただ、欧州発の悪材料が買い手控えの 要因となっている」と述べた。

-- Editors: Richard Richtmyer, Brendan Walsh

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor: Kanta Watanabe 記事に関する記者への問い合わせ先: Alexander Cuadros in Sao Paulo at +55-11-3017-4804 or acuadros@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Papadopoulos at +1-212-617-5105 or papadopoulos@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE