ボストン連銀総裁:欧州危機、短期信用市場に「ストレス」引き起こす

米ボストン連銀のローゼングレン 総裁は16日、欧州の金融危機は短期信用市場に「ストレス」を引き 起こしているとの見解を示した。

ローゼングレン総裁はボストンでの講演後の質疑応答で、ロンド ン銀行間取引金利(LIBOR)に反映される欧州のドル建て借り入 れコストの上昇について、「一段と深刻な混乱が起きるのではないか との不安の高まりを示唆している」と述べた。

英国銀行協会(BBA)によれば、3カ月物ドル建てLIBOR は同日、0.471%。前日は0.466%だった。6月15日に付けた今年 の最低値0.245%から上昇している。

同総裁はまた、欧州首脳は域内の金融危機を解決する力があると 指摘した。「問題解決に向けた政治的意思を固めれば、金融面での対 処能力はある」と発言。「欧州経済は米経済より規模が大きい」とし た上で、全体の債務水準は米国と大きくは違わないと述べた。

さらに同総裁は、欧州危機が悪化すれば米連邦準備制度理事会 (FRB)と欧州中央銀行(ECB)の「協調行動」が正当化される かもしれないが、そうした結末は予想していないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE