リッチモンド連銀総裁:信用政策が中銀批判を助長、独立性損なう

米リッチモンド連銀のラッカー総 裁は、米連邦準備制度に対する批判が高まっており、その背景の一部 には現行の住宅ローン担保証券(MBS)購入や信用危機時における 民間セクターへの支援があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。