9月の対米投資:中長期は買越額が拡大、中国もプラスに転換

9月の対米証券投資は、中長 期証券投資が前月から拡大した。欧州のソブリン債危機の影響で、 米国債が安全逃避先として選好されたことが影響した。

米財務省が発表した9月の対米証券投資統計によると、外国の 政府と投資家の中長期金融資産取引額は外国人からみて686億ドル の買い越しとなった。買越額は前月の580億ドルから拡大した。ブ ルームバーグがまとめたエコノミストの予想中央値は550億ドルの 買い越しだった。

株式スワップなど短期資産を含む金融資産の合計は574億ド ルの買い越しで、前月(893億ドルの買い越し)から縮小した。

9月は中国が引き続き最大の米国債保有国で、保有額は前月比 113億ドル増の1兆1500億ドル。8月の売り越しから買い越しに 転じた。米国債保有額2位の日本は前月比202億ドル増加して9568 億ドルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE