米モルガン・スタンレー、ウォール街の債券事業の比重低下で恩恵も

米モルガン・スタンレーは、 ウォール街で重かった債券トレーディングの比重が低下することで恩 恵を受ける可能性がある。同社の機関投資家・証券グループのポー ル・J・トーブマン共同社長がそうした見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。