ドイツ国民の大半がイタリアのユーロ圏残留を希望-シュテルン誌調査

ドイツ誌シュテルンの委託で フォルサが実施した世論調査によると、ドイツ人の大半がイタリアが ユーロ圏にとどまることを望んでいることが明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。