独インフィニオン、12年度通期は減収へ-顧客が注文手控え

欧州2位の半導体メーカー、 ドイツのインフィニオン・テクノロジーズは、今年度(2011年 10月-12年9月)の通期売上高が前年度に比べ、パーセントで 「1桁台半ば」の減少となるとの見通しを示した。顧客が注文を 手控えていることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。