今日の国内市況:株式は09年3月来安値、債券続伸-ユーロは下落

東京株式相場は続落、TOPI Xが終値で2009年3月以来の安値を付けた。欧州のソブリン債危機に 対する警戒がくすぶり、ユーロ安が進んだ午後に先物主導で下げ幅を広 げた。証券株が売られ、海運やガラス・土石製品、機械など景気敏感業 種が安い。

TOPIXの終値は前日比6.80ポイント(0.9%)安の724.11 と、09年3月12日以来の安値。日経平均株価は同78円77銭(0.9%) 安の8463円16銭。東証1部の時価総額は249兆5174億円と、09年 3月来の250兆円割れとなった。東証1部の売買高は概算で13億 4573万株、売買代金は8235億円。値下がり銘柄数は1235、値上がり は279。

15日にはスペイン政府が入札を実施。12カ月物と18カ月物証券、 計31億6000万ユーロ相当を発行したが、目標上限の35億ユーロに は届かなかった。12カ月物の平均落札利回りは5.022%と前回10月 18日の入札時の3.608%を上回り、18カ月物も5.159%と10月の

3.801%から上昇した。

スペインの入札後、同国10年債利回りは6.23%と8月2日に付 けたユーロ導入後の最高の6.46%に迫った。同年限のドイツ債との利 回り格差は過去最大。イタリア10年国債利回りも再び危険水域とされ る7%超まで上昇した。

業種別33指数では、欧州の金融システム問題への警戒を映し証 券・商品先物取引が下落率トップ。海運やパルプ・紙、ガラス・土石、 鉱業、機械、非鉄金属、輸送用機器、電機なども安く、27業種が下げ た。一方、情報・通信や食料品、精密機器、石油・石炭製品など6業種 は上昇した。

欧州債務問題が悲観される一方、15日の米国で10月の小売売上 高がエコノミスト予想中央値を上回ったことなどは支援材料。この日午 前の日本株はTOPIX、日経平均とも前日終値を挟む小動きだった。

長期金利、1年ぶり低水準

債券相場は続伸。前日実施された5年利付国債の入札で良好な需給 環境が確認される中、株式相場の下落を背景に買い優勢の展開が続き、 長期金利は1年ぶりの低水準を記録した。

東京先物市場で中心限月12月物は、午後の取引で一段高。結局、 前日比15銭高の143円01銭まで上昇して引けた。現物債市場で長期 金利の指標とされる新発10年物の318回債利回りは同1.5ベーシス ポイント(bp)低い0.95%と、昨年11月9日以来の水準に低下。5年 物の100回債利回りは0.315%と、新発債として約2カ月ぶりの低い 水準となった。一方、30年物の35回債利回りは一時前日比2bp高い

1.94%を付け、その後は1.935%で推移した。

日本銀行は16日開いた金融政策決定会合で、全員一致で現状維持 を決定。政策金利を0-0.1%に、資産買い入れ等基金は55兆円にそ れぞれ据え置いた。日銀は前回会合で追加緩和を行っており、効果を見 極める構えとみられ、今回は据え置きが見込まれていた。ブルームバー グがまとめた有力日銀ウオッチャー14人対象の調査では13人が現状 維持を予想していた。

ユーロ続落、財政不安や景気後退懸念

東京外国為替市場ではユーロが続落。欧州財政不安の拡大や域内景 気の後退懸念を背景にユーロは売り優勢の展開が続き、対ドルと対円で 10月10日以来の安値を更新した。

ユーロ・ドル相場は1ユーロ=1.3500ドルを割り込み、1.3429 ドルまでユーロ安が進行。1.34ドル後半では損失を限定するためのユ ーロ売り注文が誘発されたとみられ、下落に拍車を掛けた。ユーロ・円 相場も1ユーロ=104円ちょうどを下回り、一時103円42銭まで値を 下げた。

一方、ドル・円相場は小動きだったが、午後にかけては1ドル= 77円ちょうどを割り込み、一時76円94銭まで円がじり高となる場面 が見られた。日中の円安値は午前に付けた77円15銭。

この日は欧州市場の時間帯に、ポルトガルが短期債の入札を実施。 17日にはスペインとフランスの国債入札が予定されている。

カナダのフレアティ財務相は16日、都内で講演し、欧州の債務危 機が世界経済をリセッションに近づける恐れがあるとの認識を示した。 介入については、過度な相場変動への対応としては理解できるとする一 方、効果は通常、長続きしないとも述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE