富士フ、協和キリン:バイオシミラー薬品開発製造で合弁会社,来春

富士フイルムホールディングスと 協和発酵キリンは16日、バイオシミラー医薬品の開発、製造で合弁会 社を2012年春めどに設立することで合意したと発表した。出資比率は、 ともに50%。競争力のある製品を開発し、医薬品事業の拡大を目指す。

バイオシミラー医薬品は、すでにあるバイオ医薬品と同等、同質 の効果を持つ医薬品として、従来品の特許満了後に、異なる製造販売 業者から販売される医薬品。

先行バイオ医薬品の特許満了と医療費の高騰を背景に、両社は今 後、先行品よりも割安で提供することが可能とみられているバイオシ ミラー医薬品市場が拡大すると予想。両社の独自技術、ノウハウを融 合させ、13年を目標に最初の候補品の臨床試験開始を目指すとしてい る。

富士フイルムによれば大型のバイオ医薬品が次々に特許満了とな るため市場規模は15年から急拡大し、20年には15年比で10倍増の2 兆円が見込まれるとしている。

都内で記者会見した富士フイルムの古森重隆社長は、急速な市場 拡大に備えて今が合弁会社設立にふさわしい時期とし、「協和発酵キリ ンの技術力との融合で高品質のものを安く作ることができる」と話し た。

協和発酵キリンの松田譲社長は、「合弁で画期的なバイオシミラー 生産技術を確立することで業界のリーディングカンパニーを目指す」 と語った。新事業への収益への貢献時期については、バイオシミラー 医薬品の認可にいたるプロセスが確定していないことなどから未定と している。

内視鏡事業で競合関係にある医療機器大手オリンパスの買収候補 と報道されていることについて、古森社長は、「オリンパスの件は第三 者委員会で取り調べ中で内容が確定しておらず、私たちが考え方を述 べるのは時期尚早だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE