MSCI:株価指数に印ブハルティやスウェーデンのルンディンを採用

米MSCIは半年に一度の指数構 成銘柄見直しに伴い、インドの携帯電話最大手ブハルティ・エアテル とスウェーデンの石油・ガス生産会社ルンディン・ペトロリウムを同 社の株価指数に採用すると発表した。

MSCIの15日の発表資料によると、ブハルティや、大型スー パーマーケットを運営する中国のサン・アート・リテール・グループ (高鑫零售)などをMSCI新興市場指数に加える。MSCI世界指 数にはルンディンや健康補助食品販売の米ハーバライフ、米鉄道会社 カンザスシティー・サザンなどを追加する。銘柄入れ替えは今月30 日の取引終了後に実施される。

MSCIの試算では、同社の指数に連動した上場投資信託(ET F)への投資額は10月末時点で約3219億ドル(約24兆8000億 円)。世界全体で約3兆ドルのファンドが同社の指数をベンチマーク としている。

先進24カ国の企業で構成するMSCI世界指数は今年に入り 7%下落。21の新興市場の指標であるMSCI新興市場指数は16% 下げている。欧州債務危機による世界的な景気減速への懸念の高まり が背景にある。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE