資源ナショナリズム、金融危機超える脅威に-世界の鉱山業界の幹部

資源国の政府による課税率やロ イヤルティー(採掘権料)の引き上げ要求が、鉱山会社や生産にとって 金融危機を上回る脅威となっている。株式市場では7月以降、約6兆ド ル(約460兆円)の時価総額が吹き飛んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。