米地区連銀総裁ら、追加緩和策の必要性めぐり意見分かれる

15日の米連邦準備制度理事会 (FRB)当局者の発言から、借り入れコストの押し下げや失業者の 再就職支援に向けた追加緩和策の必要性をめぐる意見の分裂が浮き彫 りになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。