エルピーダ:DRAM価格の下落阻止で追加減産も検討-報道認める

エルピーダメモリはDRAM市況下 落に対応して、必要であれば現在25%程度の減産幅を拡大することを検 討している。同社の広報担当者が16日付日本経済新聞朝刊の報道を確認 する形で、電子メールで回答した。

日経はDRAM販売を指揮する高橋康取締役が「追加減産に踏み切 ってでも販売価格下落を食い止める」と発言したと報道。同社広報担当 はブルームバーグの問い合わせに対し、電子メールで発言内容を認め た。報道を受けてエルピーダ株価は5営業日ぶりに急反発している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE