ユーロ続落、対ドルと対円で1カ月ぶり安値-財政不安や景気後退懸念

東京外国為替市場ではユーロが続 落。欧州財政不安の拡大や域内景気の後退懸念を背景にユーロは売り 優勢の展開が続き、対ドルと対円で10月10日以来の安値を更新した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。