TOPIX09年3月来安値に、欧州懸念で1部時価総額250兆円割れ

東京株式相場は続落し、TOPI Xが終値で2009年3月以来の安値を付けた。イタリア国債利回りの不 安定な動きなどから、欧州のソブリン債危機に対する警戒がくすぶり、 ユーロ安の傾向が強まった午後に先物主導で下げ幅を広げた。証券株 が売られ、海運やガラス・土石製品、機械など景気敏感業種が安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。