イタリア新政権、16日中に発足か-モンティ氏が閣僚名簿提出へ

イタリアの次期首相に指名された マリオ・モンティ元欧州委員(競争政策担当)は、次期政権の閣僚名 簿を16日に発表する見通し。モンティ氏率いる次期政権は、欧州で2 番目に大きい債務負担の軽減とユーロ圏債務危機の波及阻止が可能で あることを内外に示す必要に迫られている。

モンティ氏(68)は、国内経済改革を推し進める責任を担う次期 政権の支持基盤拡大に向けて与野党首脳ら2日間にわたって会談、15 日に一連の協議を終えた。同日遅くローマで、「明朝、協議の成果を提 示できるだろう」と語った。イタリアは欧州3位の経済大国。

モンティ氏は16日午前11時(日本時間同日午後7時)にナポリ ターノ大統領と会い、正式に首相就任を受け入れるとともに、閣僚名 簿を提出するもよう。同氏は各政党だけでなく、労働組合や財界とも 協議を重ね、イタリアが現在の危機を乗り越えられるとの「確信を得 られた」と語った。

15日の欧州債市場で、イタリア10年債利回りは前日比37ベーシ スポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の7.08%で引けた。終値ベ ースでギリシャとポルトガル、アイルランドに国際支援の要請を余儀 なくさせた7%水準を突破したのは1週間で2回目。イタリア国債を 保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)のスプレッド はこの日、過去最高の589bpに拡大した。

「堅実で活動的チーム必要」

スタンダードチャータード銀行のエコノミスト、トマス・コスタ ーグ氏(ロンドン在勤)は、「結局、市場が望んでいるのは『スーパー マリオ』を超える働き手だ」と指摘。「政治的には痛みを伴うが必要な 成長支援と財政再建の措置を講じることができる堅実ながらも活動的 なチームが緊急に必要だ」と説明した。

15日の協議では、主要政党はモンティ氏率いる次期内閣への支持 を表明したが、閣僚候補を出し、同政権に直接関与するよう求めたモ ンティ氏の要請に対してはこれまでのところ、応じない姿勢を示して いる。

イタリアの通信社ラディオコルは、モンティ氏が各党に対して政 権に参加するよう説得したもようだと報じた。またモンティ氏が財務 相を兼任する可能性があるほか、民主党に近いアマート元首相を外相 に起用する公算が大きいと伝えた。ベルルスコーニ前首相の側近、ジ ャンニ・レッタ氏の入閣の可能性もあるという。

さらなる財政緊縮策が導入され国民が反発した場合、モンティ氏 の財政再建の取り組みが成功するかどうかは、幅広い政治的基盤を得 られるかどうかにかかっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE