GEキャピタル、サムライ債約400億円の発行条件を17日決定-関係者

米複合企業大手ゼネラル・エレク トリック(GE)の金融子会社、GEキャピタルは17日、少なくとも 400億円相当のサムライ債(円建て外債)の発行条件を決定する。事 情に詳しい関係者が明らかにした。

情報は非公開だとして関係者が匿名を条件に語ったところによる と、同社は5年債について、円スワップ金利に対する上乗せ幅(スプ レッド)を80ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)とする計画 を投資家に伝えた。

同社はまた、3年債を円スワップ金利に対して40bpのスプレッ ド、同年限の変動利付債を3カ月円LIBOR(ロンドン銀行間取引 金利)に対して55bpのスプレッドでそれぞれ発行する可能性がある。 5年物の変動利付債のスプレッドは3カ月円LIBORに対して95 bpになる見込みだという。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo +81-3-3201-7499 kshugo@bloomberg.net  Editor:Yoshito Okubo 記事についての記者への問い合わせ先: Yusuke Miyazawa in Tokyo at +81-3-3201-2698 or ymiyazawa3@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Pavel Alpeyev at +81-3-3201-2137 or palpeyev@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE