米下院委員会:ファニーメイ幹部などへの賞与支給阻止する法案可決

米下院金融サービス委員会は15 日、政府管理下にあるファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディ マック(連邦住宅貸付抵当公社)の経営陣に対する賞与パッケージ付 与を停止する法案を賛成52、反対4で可決した。

同法案は、両社従業員の給与体系を連邦預金保険公社(FDIC) や通貨監督庁(OCC)など米金融規制当局の基準に準拠させること も義務付けている。

同委員会の委員長で同法案起草者のスペンサー・バッカス議員(共 和、アラバマ州)は「1700億ドル(約13兆円)の公的資金が注入さ れた両社の経営陣に高額な報酬パッケージを与えることを弁護するこ とはできない」と述べた。同法案は下院本会議に送られる。

ファニーメイとフレディマックを監督下に置く米連邦住宅金融局 (FHFA)は、ファニーメイのマイケル・ウィリアムズ最高経営責 任者(CEO)とエド・ハルデマンCEOに2009、10年の2年間で計 1700万ドルの賞与・給与を支払うことを認めていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE