ダラス連銀総裁:巨大銀行は解体を、「危険過ぎて容認できず」

米ダラス連銀のフィッシャー 総裁は、いわゆる大き過ぎてつぶせない銀行が金融の安定にもたらす リスクを抑制するため、監督当局はこうした金融機関を解体するべき だとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。