サンフランシスコ連銀総裁:高失業の長期化で追加緩和の公算

米サンフランシスコ連銀のウ ィリアムズ総裁は、高失業率の長期化や緩慢な成長、低インフレの環 境に直面するなか、米連邦公開市場委員会(FOMC)はさらなる資 産購入の開始が必要になる可能性があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。