シカゴ連銀総裁:政策緩和の拡大が必要、高水準の失業率押し下げへ

シカゴ連銀のエバンス総裁は、 連邦公開市場委員会(FOMC)が目標とする水準をはるかに上回る 9%という失業率を低下させるため、「政策緩和の拡大」が必要だと の認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。