欧州議会:空売り規制法案を承認、国債ネーキッドCDS禁止に道

欧州連合(EU)の欧州議会 は15日、空売りに関する法案を承認した。国債を保証対象としたい わゆるネーキッド(現物の裏付けのない)クレジット・デフォルト・ スワップ(CDS)の禁止の可能性に道を開いた。

同法案は株式と国債のネーキッド空売りも制限する。欧州議会は フランスのストラスブールで同法案を承認した。英国は同案の一部が EU監督当局に大きな権限を認め過ぎるとして違法の可能性があると 論じていた。

同法案は先月、EU議長国のポーランドと欧州議会の間で取りま とめられた。ドイツのショイブレ財務相や欧州議員らは国債のネーキ ッドCDSが債務危機を悪化させるとの懸念を示し禁止を呼び掛けて いた。

EUのウェブサイトによると、法案は欧州証券市場監督局(ES MA)に対し、「市場の機能や完全性」ないしEU全体または一部の 金融システム安定への脅威がある場合に、空売りポジションを禁止す る権限を与えている。英国はこの権限が、EU条約が認める範囲を超 える可能性があると論じた。

欧州議会の承認を受けて、法案は各国政府の正式採用を待つこと になる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE