ユーロ圏:7-9月GDPは0.2%増-危機悪化で景気後退リスク

ユーロ圏経済の7-9月(第 3四半期)成長率は4-6月(第2四半期)並みの低水準にとどまっ た。同地域は債務危機の深刻化でリセッション(景気後退)入りする 恐れがあり、域内2大経済大国のドイツとフランスもユーロ圏全体の 成長を加速させるには力不足だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。