英中銀総裁:インフレ率は急低下へ-2012年末までに目標に達する

イングランド銀行(英中央銀 行)のキング総裁は、世界経済の不透明感の高まりに伴い、英インフ レ率が向こう6カ月以内に急低下し、2012年末までに目標に達する との見通しを示した。

キング総裁はオズボーン財務相宛ての書簡で、一時的要因がなけ れば、現行のインフレ率は2%を下回っているはずだと説明した。書 簡は15日公開された。

英政府統計局(ONS)が同日発表した10月の消費者物価指数 は前年同月比5%上昇。インフレ率は9月の5.2%を下回った。ブ ルームバーグ・ニュースがエコノミスト33人を対象にまとめた調査 の中央値では5.1%上昇が見込まれていた。政府が上限とする3% を上回ったことから、キング総裁には、インフレ抑制策をオズボーン 財務相に説明する義務が生じた。

オズボーン財務相は、ユーロ圏債務危機が英経済に及ぼすリスク は「極めて深刻だ」と指摘。ただ、ユーロ圏は安定を回復するための 金融能力を備えていると付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE