中国株(終了):上海総合指数、3日続伸-金融緩和の観測で

中国株式市場で、上海総合指 数は3営業日続伸。欧州債務危機で中国の輸出業者が打撃を受ける との懸念が広がったものの、インフレ鈍化に伴い当局者らは金融政 策を緩和することが可能になるとの観測がもたらすプラスの影響の 方が大きかった。

華能国際電力(600011 CH)を中心に電力株が高い。中国紙の 21世紀経済報道が、政府は発電所に支払われる電気料金を引き上げ る計画を再検討していると報じたことが手掛かり。石炭生産で中国 最大手の中国神華能源(601088 CH)は1%高。10月の生産が19% 増加したとの発表が好感された。

中国民生銀行(600016 CH)や中国工商銀行(601398 CH)な ど金融株は安い。国際通貨基金(IMF)が、中国の銀行の簿外融 資と不動産価格急騰に絡んだリスクが増大しているとして、同国に 対し銀行の監督強化を求めたことが響いた。鉄道建設を手掛ける中 国鉄建(601186 CH)も下落した。

大衆保険のファンドマネジャー、呉侃氏は「中国のインフレ率 が鈍化しつつあり、政府には政策を緩和する余地があることは明る い側面だ」としながらも、「日々の新たな展開で、投資家は常に欧 州債務危機について考えさせられている。成長鈍化の可能性も懸念 している」と付け加えた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比1.05ポイント高の2529.76で終 了。日中は上げ下げを繰り返す方向感に乏しい展開となった。構成 銘柄中、値上がりと値下がりの割合は約2対1。上海、深圳両証取 のA株に連動しているCSI300指数は同0.2%安の2744.68。

-- Editors: Allen Wan, Darren Boey

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 野崎 ひとみ Hitomi Nozaki +81-3-3201-3549 or hnozaki1@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Weiyi Lim in Singapore at +65-6212-1886 or wlim26@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE