NY市警、「ウォール街を占拠せよ」参加者を強制排除-逮捕者多数

ニューヨーク市警は15日未 明、所得格差に抗議する「ウォール街を占拠せよ」運動の中心拠点 であるズコッティ公園で抗議運動参加者の強制排除に踏み切った。抗 議運動は8週間以上にわたって展開されてきた。

これより先、カリフォルニア州オークランドとオレゴン州ポ ートランドでも同様に抗議運動の拠点が排除された。ニューヨークの ブルームバーグ市長によると、現地時間15日午前1時、ニューヨ ーク市警とズコッティ公園の所有者が抗議運動の参加者に対しテント や寝袋などを撤去するよう命じた。

ブルームバーグ市長は記者会見で、「米憲法修正第1条は言 論の自由を保護するものだ」と述べ、「公共の空間を占拠するため のテントや寝袋使用を保護しているわけではない。抗議運動の参加者 はテントと寝袋で2カ月間公園を占拠した。これからは議論の力で公 園のスペースを占拠するべきだ」と訴えた。

9月17日以降、「ウォール街を占拠せよ」運動の発祥地となった ズコッティ公園には、数百人が寝袋を持ち込み抗議を続けてきた。同 運動は世界に飛び火し、ズコッティ公園はそのシンボルとなった。

このズコッティ公園はブルックフィールド・オフィス・プロ パティーズという不動産デベロッパーが所有している。同社は、 「ズコッティ公園の環境は危険で不衛生、かつ物騒になった」と声 明を発表し、「こうした危険性は容認し難く、ニューヨーク市に行 動を起こすように要請しないほうが無責任だったと言えよう。さら に当社は、ニューヨーク市と周辺地域に対し、この公園を楽しみた いと願うすべての人に開放する法的義務を負っている。これが今で は実現不可能になった」と続けた。

ケリーNY市警本部長によると、警官隊がズコッティ公園に 乗り込んだ際、抗議運動の参加者は約220人だった。警官隊は参加者 に公園を退去するよう命じ、従わない場合は逮捕すると通告した。同 本部長はブルームバーグ市長の会見後に記者団に対し、強制排除の結 果、公園内で約142人、公園外で50人以上が逮捕されたことを明ら かにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE