みずほCB、国際帝石と1兆4000億円規模のLNG事業向け融資で交渉

国際石油開発帝石はオーストラリア のイクシス液化天然ガス(LNG)事業向けの資金調達で、みずほコー ポレート銀行などの銀行団との交渉に入った。額は最大180億ドル(約 1兆4000億円)規模で、原発事故を受けLNGの長期・安定調達が課 題の中、日本企業が主体のプロジェクト向けの大規模融資となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。