東証1部売買代金が年初来最低の7287億円、長期投資家の様子見響く

15日の日本株市場で、東証1部の 売買代金が概算で7287億円と、年初来最低を更新した。2010年12月 28日(7192億円)以来の低水準。同代金の年初来の1日当たり平均は 1兆3257億円となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。