造船業会の釜会長:「繰り返し、繰り返し介入を」-円高対策を要請

日本造船工業会の釜和明会長(IH I社長)は15日、都内の会見で、円高が続く外国為替相場について「繰 り返し、繰り返し介入し、国としての意思を示して頂くことが大事」と 述べ、政府に円高対策を求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。