独SAP:中国での人員をほぼ倍増へ-20億ドル投資を計画

ビジネス管理ソフト世界最大手、 ドイツのSAPは、中国経済の拡大に乗じた売り上げ増加を目指し、 2015年までに中国事業の従業員数をほぼ倍増させるほか、同国に20 億ドル(約1540億円)を投資する計画だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。