米バークシャー:インテルやビザなどの株式取得-米企業に割安感

ウォーレン・バフェット氏率い る米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは14日、ドラッグス トアチェーン大手のCVSケアマークと半導体メーカーのインテル、 電子決済ネットワークのビザの株式を取得したことを明らかにした。

バークシャーが当局に14日届け出た資料によれば、9月30日時 点で衛星テレビのディレクTVのほか、ビジネスジェット機や戦車を 製造するゼネラル・ダイナミクスの株式も取得した。また、ディスカ ウント専門店ダラー・ゼネラルの株式を追加取得する一方、ヘルスケ ア製品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の保有株は減ら している。

バフェット氏(81)と投資マネジャーのトッド・コームズ氏(40) は7-9月(第3四半期)、米株式相場が四半期ベースで2008年以 来の大幅安に向かう中で現金保有分を縮小した。バフェット氏はIB Mの株式を今年100億ドル(約7710億円)余り購入し、この大半を 7-9月期中に取得したことも14日に明らかにしている。

バフェット氏は米経済専門局CNBCのインタビューで、「米企 業は他の投資対象に比べ非常に割安に見える」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE