来年前半に米景気後退入りの確率は50%超-SF連銀エコノミスト

米サンフランシスコ連銀のエコノ ミストらは14日、欧州債務危機の結果、2012年前半に米国がリセッ ション(景気後退)に陥る確率が50%超だとの見通しを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。