メルケル独首相率いる与党CDU、ユーロ離脱認める動議を採択

ドイツのメルケル首相率いるキリ スト教民主同盟(CDU)は14日、ユーロ圏の国が同圏から離脱する ことを認める動議を採択した。現在、ユーロ圏の規則では脱退は認め られていないが、動議はその可能性を是認した。

動議が政策となるには、連立パートナー2党の同意が必要。メル ケル首相は、ユーロ導入諸国がペースを決める形で欧州連合(EU) 域内の政治的な関係強化と財政規則の厳格化を推し進めることを目指 しており、この動議もその一環。

ショイブレ財務相はライプチヒで開催されたCDU年次党大会で テレビ局フェニックスのインタビューに応じ、「われわれは誰も追い出 すつもりはない」と発言。「しかし、ギリシャ国民は重い負担を背負わ なければならず、ある国が負担を背負うことができない、あるいはそ れを望まない場合、われわれはその国の判断を尊重しなければならな い」と付け加えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE