NY金:反落、ドル持ち直しで代替需要が後退-イタリア債務を懸念

ニューヨーク金先物相場は反 落。ドルが持ち直したことで、代替資産としての金の妙味が薄れた。 これで金先物は過去4営業日で3度目の下落となった。

ユーロはドルに対して一時1.1%安。イタリアの借り入れコス トがユーロ導入以来の高水準に達したことから、新たな政府による債 務危機の封じ込めが難航するとの懸念が強まった。金は先週、ギリシ ャ財政問題の深刻化を手掛かりに逃避需要が高まり、オンス当たり 1800ドル台を回復する場面もあった。

ストリートトーク・アドバイザーズ(ヒューストン)のランス・ ロバーツ最高経営責任者(CEO)は電話インタビューで、「ドルと 金は逆相関の関係で動いている」と指摘。「しかし、不安に基づく取 引がすぐに活発になって金を押し上げる可能性がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 12月限は前営業日比0.5%安の1オンス=1778.40ドルで終了し た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE