11月14日の欧州マーケットサマリー:スペインとイタリア債が下落

欧州の為替・株式・債券・商 品相場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替 スポット価格 前営業日 ユーロ/ドル 1.3616 1.3750 ドル/円 77.05 77.20 ユーロ/円 104.91 106.10

株 終値 前営業日比 変化率 ダウ欧州株600 238.47 -2.51 -1.0% 英FT100 5,519.04 -26.34 -.5% 独DAX 5,985.02 -72.01 -1.2% 仏CAC40 3,108.95 -40.43 -1.3%

債券 直近利回り 前営業日比 独国債2年物 .31% -.09 独国債10年物 1.78% -.11 英国債10年物 2.18% -.11

商品 直近値 前営業日比 変化率 金 現物午後値決め 1,776.00 +3.00 +.17% 原油 北海ブレント 111.50 -2.66 -2.33%

◎欧州株式市場

14日の欧州株式相場は下落。イタリアがこの日実施した30億 ユーロ(約3150億円)規模の国債入札では、落札利回りが1997 年以来の高水準に達した。これを嫌気し、銀行株が安い。

イタリアの銀行最大手、ウニクレディトは6.2%の値下がり。同 行は最大75億ユーロ相当の新株発行計画を明らかにした。スペイン も借り入れコストが上昇し、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀 行(BBVA)を中心に銀行株が下げた。ドイツの建設会社ホッホテ ィーフも大幅安。空港運営事業の売却の遅れが売り材料となった。

ストックス欧州600指数は前週末比1%安の238.47で終了。 業種別では全19指数が下げた。クレジット・デフォルト・スワップ (CDS)市場では、欧州のソブリン債と社債を保証するコストが上 昇した。

HSBCホールディングスの株式調査責任者、ピーター・サリバ ン氏は14日付リポートで、「イタリアが火の粉を浴びている現状は ユーロ圏の危機が重大な局面に達していることを示唆しており、政治 家や欧州中央銀行(ECB)がどれほど迅速かつ断固たる行動を取る かが注目される」と指摘した。

イタリアで元欧州委員会競争政策担当委員のマリオ・モンティ氏 が新内閣の首班に指名されたことで、欧州株は取引開始直後は上げる 場面も見られた。ただ、この日の5年債入札では目標上限の30億ユ ーロの発行となったものの落札利回りは6.29%と、1997年6月以 来の高水準となったほか、10月13日の入札時の5.32%を上回っ た。

ストックス欧州600指数は先週は上昇して終了。イタリア上院 が緊縮策を承認し、同国が救済を必要とするとの懸念が後退したため だ。しかし、ギリシャをデフォルト(債務不履行)の瀬戸際に追い込 んだ債務危機への対応に欧州当局は苦戦しており、2月17日に付け た年初来高値を18%下回っている。

この日の西欧市場では、18カ国中13カ国で主要株価指数が下 落。ウニクレディトの終値は0.774ユーロ。スペイン2位の銀行、 BBVAは3.2%下げ5.97ユーロ。スペインの10年債利回りはこ の日、6.11%に達し、ECBが同国の国債購入に踏み切ったとみら れる8月8日以来初めて6%を上回った。ホッホティーフは11%下 落の45.55ユーロで取引を終えた。

◎欧州債券市場

14日の欧州債市場でスペインとイタリアの国債が下落。イタリ ア政府がこの日実施した5年債入札で借り入れコストが1997年6月 以来の高水準に達し、域内の債務危機が悪化するとの懸念が高まった。

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバー、バイトマン独連銀 総裁が、ユーロ圏の高債務国に対する支援打ち切りを示唆したことを 背景に、スペイン国債のドイツ国債に対する利回り上乗せ幅(スプレ ッド)は拡大、ユーロ導入以後の最大となった。欧州銀行連盟(EB F)のクリスチャン・クラウセン会長は欧州の銀行が危機の渦にのみ 込まれないように、欧州の銀行はイタリア国債の売却を続ける必要が あるとの見解を示した。ドイツ2年債利回りは過去最低まで下げた。

コメルツ銀行の債券ストラテジスト、デービッド・シュナウツ氏 (ロンドン在勤)は、「投資家らは事態の一段後退に備えている」と 述べ、イタリア国債の利回りが「先週に7%を突破したのは大きな打 撃で、今でも投資家の間では放出意欲が強い」と指摘。「逃避需要が 旺盛だ」とも語った。

ロンドン時間午後5時現在、スペイン10年債利回りは前週末比 25ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の6.11%。欧 州中央銀行(ECB)が国債購入を再開した8月8日以降で初めて 6%を上回った。同国債(表面利率5.5%、2021年4月償還)価格 はこの日、1.76下げ95.75。

スペイン10年債と独10年債のスプレッドは36bp広がり 432bpとなった。スペイン30年債利回りは6.74%に達し、ブル ームバーグがデータ収集を開始した1998年以来の最高となった。

CMAによれば、クレジット・デフォルト・スワップ(CDS) でスペイン国債の保証コストは21bp上昇し441bpと、過去最高 を記録した。

イタリア国債は3営業日ぶりに下落。10年債利回りは25bp上 げ6.70%。9日に付けた過去最高となる7.48%に近づきつつある。 独10年債とのスプレッドは36bp拡大の492bp。9日には575 bpまで広がり、過去最大となった。

一方、ドイツ国債は3日ぶりに上昇。欧州連合(EU)統計局 (ユーロスタット)がこの日発表した9月のユーロ圏鉱工業生産指数 が前月比2%低下し、2年半で最大の落ち込みとなったことが手掛か り。2年債利回りは0.32%に下げ、少なくとも1990年以来の低 水準となった。10年債利回りは10bp低下し1.79%。

◎英国債市場

14日の英国債相場は上昇。10年債利回りは過去最低に近づいた。 イタリアの国債入札で借り入れコストが上昇したことを背景に、比較 的安全とされる英国債の需要が高まった。

10年債相場は3営業日ぶりに上昇。エコノミスト調査では、15 日公表される10月の英インフレ率は低下したと見込まれている。

RIAキャピタル・マーケッツの債券ストラテジスト、ニック・ スタメンコビッチ氏(エディンバラ在勤)は「イタリアとユーロ圏の 情勢に対して市場は懐疑的なことから、英国債への支援要因となって いる」と述べ、「物価上昇圧力が和らいだどうかの兆候を見極めるた め、明日公表のインフレデータが注目されているだろう」と続けた。

ロンドン時間午後4時3分現在、英10年債利回りは前週末比8 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の2.21%。9日 には2.115まで下げ、ブルームバーグがデータ集計を開始した 1989年以来の最低を記録した。同国債(表面利率3.75%、2021 年9月償還)価格はこの日、0.765上げ113.54。

イタリア政府は14日の5年債入札で30億ユーロ発行した。落 札利回りは6.29%と、10月13日の入札時の5.32%を上回り、 1997年6月以来の高水準となった。

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor:Tsuneo Yamhiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE