S&P500種は来年1350に上昇へ、景気後退回避と利益成長で-BOA

米銀バンク・オブ・アメリカ (BOA)の株式・クオンツ戦略責任者、サビタ・スブラマニアン氏 は、S&P500種株価指数が2012年に1350に上昇するとの予想 を示した。米経済がリセッション(景気後退)を回避し企業利益の伸 びが引き続き指数を押し上げるとみている。

同氏によると、S&P500種構成企業の1株利益は今年が

98.25ドル、来年は104.50ドルとなる見通し。来年末のS&P 500種の予想水準は、11月11日の終値を6.8%上回っている。

スブラマニアン氏率いるチームは14日付のリポートで、 「2012年も不確実性およびボラティリティ(変動性)の高い状態が 続くと予想するが、米経済のリセッション回避や利益成長の継続によ り、S&P500種は2年間の取引レンジ(1100-1365)の上限に 向けて上昇する可能性がある」と記した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE