グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式市場で、ハンセン指数は続伸。中国の著名エコノミス トらが中国経済は「ソフトランディング(軟着陸)」に向かっている との見方を示したほか、イタリアとギリシャでの政権交代が欧州債務 危機の封じ込めに寄与するとの楽観的な観測が強まった。

中国海外発展(688 HK)など中国本土の不動産株と銀行株が 高い。中国の10月の新規融資は6月以来の大幅な伸びを示した。時 価総額で欧州最大の銀行、英HSBCホールディングス(5 HK)は

2.3%高。

著名資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社 バークシャー・ハサウェイが一部出資する中国の自動車メーカー、比 亜迪(BYD、1211 HK)は26%上昇。中国の一部の都市でガソ リンに代わるエネルギーを動力源とする自動車は新車登録制限の対象 から除外されるとの報道が好感された。

米ウォルマート・ストアーズなどの小売企業に衣料品や玩具を 納入するリー・アンド・フォン(利豊、494 HK)や中国最大の保険 会社、中国人寿保険(2628 HK)も値上がりした。

サムスン・アセット・マネジメントのポーリーン・ダン最高投 資責任者(CIO、香港在勤)は「アジア株、特に中国株のバリュエ ーション(株価評価)は割安水準にあり、アジアの中央銀行には必要 なら金融政策を緩和するという手段がある」と指摘。「欧州での政権 交代は短期的には投資家心理の改善につながるだろうが、それがプラ ス成長の軌道に戻ることを意味するとは思わない。ファンダメンタル ズ(経済の基礎的諸条件)は実際には変わっていない」と述べた。

ハンセン指数は前週末比371.01ポイント(1.9%)高の

19508.18で終了。構成46銘柄中、値上がりと値下がりの比率は 約10対1。ハンセン中国企業株(H株)指数は同2.8%高の

10716.90。

【中国株式市況】

中国株式市場では上海総合指数が3週間ぶりの大幅高となった。 政府が景気減速に歯止めをかけるため、融資抑制姿勢を和らげつつあ り、食品価格低下で政策当局の金融緩和余地が広がっているとの観測 が強まった。

中国建設銀行(601939 CH)と保利房地産集団(600048 CH)を中心に金融株が高い。中国の10月の新規融資が6月以来の 大幅増加となったことなどが手掛かり。中国神華能源(601088 CH) と江西銅業(600362 CH)も値上がりした。ギリシャとイタリアの 政権交代で、欧州債務危機が悪化するとの懸念が後退した。

中国の自動車メーカー、比亜迪(BYD、002594 CH)は 10%の値幅制限いっぱい上昇。ガソリンに代わるエネルギーを動力 源とする自動車の購入者は新規登録の規制対象から除外されるとの新 華社通信の報道を好感した

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前週末比47.63ポイント(1.9%)高の

2528.71と、10月24日以来の大幅高で終了。上海、深圳両証取 のA株に連動しているCSI300指数の終値は同2.1%高の

2750.20。

中原証券の李俊ストラテジスト(上海在勤)は「この日は株式 にとって好材料が多かった。銀行の新規融資の伸びが予想を上回った のは明るい兆しだ。政府が抑制策を緩和している可能性を示しており、 11月も同様のトレンドが見られるはずだ」と指摘。「欧州情勢の新 たな展開がプラスだったことは明らかだ。欧州の問題に強い関心が集 まっており、安心材料が何であれ、短期的には株価上昇を意味する」 と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は3営業日続落。インド最大のスポーツ型多目的 車(SUV)・トラクターメーカー、マヒンドラ・アンド・マヒンド ラの7-9月(第2四半期)利益が予想に反して落ち込んだことが嫌 気され、自動車株を中心に売られた。

マヒンドラ・アンド・マヒンドラは9カ月ぶり大幅安。インドス テイト銀行は5週間ぶり安値を付けた。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前週末比74.08ポ イント(0.4%)安の17118.74で終了。前週は2.1%下げてい た。

SMCウェルス・マネジメント・サービシズ(ニューデリー)の D・K・アガルワル会長は「利上げの影響が遅効的に企業業績に表れ ている」と述べ、「インフレがまだ制御されていないほか、欧州の状 況も依然として不安定だ。投資家は自信を持って資金を投じることが できない」と続けた。

マヒンドラ(MM IN)は6%下げ791.05ルピーと、2月8日 以降で最大の値下がり。ステイト銀(SBIN IN)は2.5%安の

1753.10ルピーとなった。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比8.1ポイント(0.2%)高の

4304.6。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比39.36ポイント(2.1%)高の

1902.81。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比158.36ポイント(2.2%)高の

7525.65。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比39.20ポイント(1.4%)高の2830.14。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比10.12ポ イント(0.7%)高の1478.87。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比13.31ポイント(1.4%)高の984.28。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比54.16ポイント(1.4%)高の

3833.04。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比43.91ポイント(1%)高の

4356.87。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE