印タタ・モーターズ:7-9月は15%減益-国内販売低迷と原材料高で

世界で最も安い乗用車「ナノ」 を製造・販売するインドの自動車メーカー、タタ・モーターズの7- 9月(第2四半期)決算は、前年同期比15%減益となった。国内の 乗用車の販売落ち込みと原材料コスト急騰の影響で、アナリスト予想 を下回る利益となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。