歯医者さん通いは心臓にもプラス、お口の健康で発作リスク低下-研究

定期的に歯科医院を訪れ歯石 を取ってもらうと心臓発作のリスクが最大24%低下する。台湾での研 究が示した。

米フロリダ州オーランドでのアメリカ心臓協会(AHA)の会合で 15日発表される研究によると、歯石除去の処置は脳梗塞(こうそく) のリスクも13%減らした。

台北の栄民総医院の心臓病学研究員で論文の筆者のズーイン・チェ ン氏は、歯石除去は口腔内のバクテリアを減らし慢性的な炎症を抑える と説明した。炎症に伴い歯垢が血管の中に入り動脈硬化を引き起こして 心臓発作や脳梗塞につながるという。

研究では心臓発作または脳梗塞の発症歴のない10万2620人を 約7年間追跡調査した。歯石除去の処置を少なくとも1回受けた被験者 5万1108人のうち心臓発作を起こしたのは226人、脳梗塞は1168 人だった。処置を受けないグループ5万1512人では心臓発作が507 人、脳梗塞が2480人だったという。

少なくとも2年に一回処置を受けた人は心臓発作の発症率が24% 低く、脳梗塞は13%低かった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE