ECBのバイトマン氏:ソブリン債危機解決は各国政府の責任

欧州中央銀行(ECB)の政 策委員会メンバー、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のバイトマン総裁は 14日、ユーロ圏のソブリン債危機解決は域内各国政府の責任だと言 明した。

同総裁はフランクフルトでの会議で講演し、「財政のニーズに対 して金融政策を併用することをやめなければならない」と強調。「行 動できる唯一の信頼の置ける機関としてのECBへの圧力は、政府が 危機解決に失敗するたびに高まってきた」が、それは首脳らが「必要 な措置を実施する緊急性を後退させる」と指摘した。

債務危機悪化の中でECBに国債購入拡大を求める声が根強い。 バイトマン氏は危機の焦点となっているイタリアについて、「自力で 現在の困難を切り抜けることができる」との見解を示し、「自国の問 題の解決に向けて断固として行動するのはまず第一に、政府の責任だ」 と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE