中国株(終了):上海総合指数、3週間ぶり大幅高-新規融資増加で

中国株式市場では上海総合指数が 3週間ぶりの大幅高となった。政府が景気減速に歯止めをかけるため、 融資抑制姿勢を和らげつつあり、食品価格低下で政策当局の金融緩和 余地が広がっているとの観測が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。