イタリア国民、「スプレッド」が関心の的に-米英的市場用語に戸惑いも

欧州債務危機を生き延びよう と奮闘中のイタリアで、国民は突然「ロー・スプレッド」というも のを意識することになった。

イタリアの10年国債とドイツ債の利回り格差は9日に550ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)に達した。イタリア債の利 回りはギリシャ、ポルトガル、アイルランドの救済の引き金となっ た7%を超え、ベルルスコーニ首相は1日後に辞任に同意した。

イタリアで最大の購読者数を持つ日刊紙、コリエレ・デラ・セ ラの9日の一面には「スプレッド500」の見出しが躍った。同日夕方 のテレビ番組では経済学者と政治家が10年物スプレッドのグラフを 前にイタリア危機を議論した。

ミラノの繁華街ではイタリア人たちが集まりテレビスクリーン に表示されるブルームバーグのデータを眺めながら雑談する姿が見 られる。「スプレッドっていうのは、1つの国が支払う金利と他の 国の差だよ」と、ペッピーノと名乗る76歳の退職者が説明する。 「イタリアの金利が6%でドイツが2%ということは、イタリアが 病気だということだ」と同氏は指摘した。

イタリア10年債利回りは6.45%と先週の最高の7.5%から下 がった。

ミラノ郊外の製菓会社のセールスマン、アレッサンドロ・ビラ 氏は7月ごろから10年債のスプレッドに注目し始めたという。「危 機を脱するには6カ月かかるだろう。脱却することができれば、の 話だが」と同氏は述べた。

イタリア国民の誰もが「スプレッド」、「格付け」、「ファン ダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)」、「格付け会社」などの米 英の経済・市場用語に通じているわけではない。ベルルスコーニ前 首相が経営権を持つテレビ局の人気番組が、ローマで議事堂から出 てくる議員らにインタビューした。

ベルルスコーニ氏の自由国民のマルチェロ・ディカテリナ議員 は「ロー・スプレッド」の意味を聞かれ戸惑った。「経済に関連し た何かだ。しかし私は予算委員会や金融委員会のメンバーではない のでね」と同議員は答えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE