小麦輸出国の競争激化-供給過剰で黒海周辺地域産が割安、仏など苦戦

フランスは、世界2位の小麦輸 出国としての地位を失う可能性がある。世界最大の輸入国であるエジプ トでの入札でフランス産小麦が10数回にわたって落札されなかったた めだ。ロシアやウクライナ、カザフスタンからの輸出で市場は供給過剰 になっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。