神戸鋼:加古川製鉄所に高効率発電設備を増設-追加投資額約150億円

神戸製鋼所は14日、加古川製鉄所に 2基目の高効率発電設備「ガスタービン・コンバインドサイクル・シス テム」を導入するとウェブサイトで発表した。追加設備投資額は約150 億円で、2013年上期の着工、14年12月の稼動開始を予定している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。